年令を重ねる毎に何故か古典を弾きたくなる
お箏習い初めの頃
「あーもっとカッコイイ曲弾いてみたいなぁ」
と、あまりレッスンも楽しくありませんでした

それなのに・・・
今は一音一音が心に沁みてきます

宮城道雄先生演奏の「千鳥の曲」




[PR]
by koz3284 | 2015-06-17 16:35 | Comments(0)

a0240486_12321100.jpg


高さが4~5m位になるので
植える場所に迷いましたが
陽当り、広さを考えると
タラちゃんの庭に植えるのがベストかな
秋には立派な姿を見ることが出来るかも056.gifです

a0240486_12322530.jpg


この可憐な一重の花はポーチュラカ
名前まで可愛い


a0240486_12324878.jpg

春真っ先に植えたトマトは青く小さな実がなっています
毎朝のサラダにトマトが欠かせない我が家
毎春恒例のイベントです
今年のは甘くなりますように(^人^)





[PR]
by koz3284 | 2015-06-16 12:46 | Comments(0)


暑い日はお気に入りの椅子でグッタリ
a0240486_12163007.jpg
毎朝のお散歩でよくご近所さんにお会いします
私が「おはようございま~す」
とニッコリ挨拶すると
タラちゃんも一緒になってニッコリ
もしかして撫でてくれるかな?
とイソイソします

噂話の好きな、ちょっと私の苦手な方にも
同じようにニッコリ挨拶しているにもかかわらず
たらちゃんは、早く帰ろうよ!と引っ張る
「あらぁタラちゃん お散歩良かったねぇ」
と優しく声をかけて下さっているにもかかわらず!です
私の気持ちを察知しているとしか(^^;

タラはワン!とは吠えない
そのかわりよく喋べる
うえああんあ・・・あんえ・・あうおんわい・・・あうんうう
てな調子で、ほとんどアイウエオでしゃべる
特に嬉しい時は大声になるので
アイカタの遅い帰宅時は気をつかいます

京大の研究で
「犬は飼い主に意地悪をする人にはなつかない」
という実験結果があるそうです

ワンコは人が思っている以上に賢い状況判断しながら
行動しているのですね








[PR]
by koz3284 | 2015-06-13 12:51 | Comments(0)

a0240486_16453137.jpg

首輪も外してもらって
のんびりお昼寝中のカナちゃん
ぬいぐるみの方が大きい・・・プッ(o^^o)


[PR]
by koz3284 | 2015-06-10 18:09 | Comments(0)

a0240486_10003706.jpg

Iさんから那須のお土産をいただきました
パンの缶詰なんて初めて見ました
災害用の乾パンの缶詰はよく見かけますが
美味しくない。。。
このパンは焼きたてのように
味が変わらないとのこと
バターとメイプルだって
うっ。。。ヨダレが出そう!
最近地震や噴火が相次ぎ
そろそろ食料備蓄しておかないと思っていた矢先
賞味期限は来年の春ですが
はたしてパン好きの私が1年も
開けないでいられるかどうか・・・です(^^;




[PR]
by koz3284 | 2015-06-04 10:12 | Comments(0)

a0240486_10292146.jpg

兄が所属している宇津宮陶芸倶楽部会員の皆様の作品が展示されます
個性あふれる作品を眺めに行くだけでも楽しい
緑豊かなところなので
お散歩がてらお出かけください

宇都宮市下田原町1418
gallery & studio KOTA
028-672-1577

open 10:00~17:30





[PR]
by koz3284 | 2015-06-01 10:44 | Comments(0)


a0240486_09222436.jpg

↑これで大盛り
どう見たって普通盛りでしょ?



そばツユには
持ち上げた蕎麦の下3分の1だけ付ける方が
蕎麦の香りを損なわないのだとか・・・
それを見越してなのか
ツユがやたら塩辛い
しかも出汁がきいてない
こんなのはイヤだ!

わさびは蕎麦の風味を消してしまう
と、付いてこないところがある
こんなのはイヤだ!

打ち方がこれでもかというほど細い
こんなのはイヤだ!

一人前が5口しかない
ヤダ!

ネギが薄すぎて
おまけにさらしすぎて味がない
ヤダ!

天ぷらが無い
絶対ヤダ!

そんなところほど値段が高い
絶対ヤダ!

時々そんな店に出くわすと落ち込みます(;_;)

適度な太さの蕎麦を
少し甘めのツユにわさびとネギを入れ
麺をどっぷり浸し
2口すすったら天ぷらをひとかじり
最後は残ったネギを入れて
蕎麦湯を注ぎ
お腹一杯になる
こんなお店に当たると大満足
私は通にはなれません

椎名誠氏のエッセーにこんなのがありました

「蕎麦屋とは思えないおしゃれなインテリア
 店内に流れるのはビバルディの四季
 3口で終わってしまう小盛り
 蕎麦本来の香りをまず楽しんでもらうため
 まずはツユではなく白湯でどうぞお召し上がりくださいと言う
 箸を付けずにお代だけ払って出てきた」
 というような話でした。
 帰りのドアを思い切り足でバタンと閉めたいところだけど
 スタッフにわからない程度の音で閉めてきた
 という可愛いおじさん

私はというと
せいぜいお会計の時に「ごちそうさま」を言わない
というのが精一杯の抵抗。。。トホホ



 





[PR]
by koz3284 | 2015-06-01 10:11 | Comments(0)